DAYS.

既婚と未婚の30代女性でルームシェアをしている生活と、私の日記。

暮らしのルール①

 

良くあるのが「気づいた方がやる」

というルールですが

どうやらそういったことが

人間関係が荒んで行くきっかけのようです。

 

私は過去にルームシェアを2回と

シェアハウスにいたことがあり

経験上、以下を抑えると便利です。

 

①掃除は分担

②個人のものは個人で

③共用財布をつくる

 

3回に分けて詳しくお話します。

 

今回は①の、掃除分担。

 

「気づいた方がやる」の

代表的なお掃除ですが

 

・気付く視点

・許せる基準

 

この2点により、結局偏ります。

 

いつも私が○○をやってる…

と互いにならないように

大きなところは決めておくと

心のすれ違いを防げます。

 

例えば今回の私たちの場合は

共有スペースを2つに区分して

週替わりでのお掃除当番にしました。

 

A.お風呂、洗面所

B.キッチン、リビング、トイレ

 

分け方は水場の方が汚れやすいので

お風呂のある方を少なくしたのと

お部屋の構造上、

この括りがひとまとめ感があるからです。

 

私がAの週は、相方がB、翌週は逆です。

お掃除のタイミングは曜日で固定せず

1週間の中でできる時にとしています。

 

曜日を決めてしまうと
予定が入った時に苦しくなってしまいます。

 

めいっぱい使って一気にピカピカにする

タイプの方もいると思いますが

 

私たちはたまたま、つどそれなりに

綺麗に使うタイプなので

きちんとしたお掃除タイムは週1としました。

 

また、ゴミ捨てに関しては

気づいた方が気づいた時にしています。

 

冒頭のお話と反しますが、私たちはそうしています。

決めるのも良いと思います(・∀・)