DAYS.

既婚と未婚の30代女性でルームシェアをしている生活と、私の日記。

風向きが変わってきた?

 

上司のような、業務上のキーマンが3人いて

ここのところその方々に

思わぬ助け方をしてもらった(・ ・  )

 

余程へるぷしない私が

渾身のへるぷをしても叶わなかったり

サポート体制作ってくれても

逆に負担が増えたりと

 

ずっと上手く噛み合わなかったんだけれど。

 

燃え尽ききって期待も無くなったら

意外な展開や直接のサポートがあった。

 

もう期待も頼ることも

していなかったから余計びっくり。

 

涙が出そうなほど

助かる〜〜(・_・、)と感じた。

 

他にも、集中攻撃をしてきていた人が

矛先を変えてくるなど笑

 

精神的な負担が

減ったというより流れたというような。

 

感じ(・ ・  )

 

他にも上手く言えないけれど

拓かれるものがあり

 

振り返るとお父さんに

乗り越えるよう言われたことで

乗り越えることができたような。。

 

とにかく山は越えたように思う!

 

でも決して、決してもう

燃え尽きに至ったような

燃やし方はしない笑

 

燃え尽きって、もう二度と

人生でなりたくないほどツラかった笑

 

あと、私の生き方だったなと思った。

 

やらない限り可能性を見てしまう。

かなり厳しくても、やれる感覚が

残っていたらやってしまう。

 

途中から、わけがわからなくなっていた。

 

日々どう手をつけていいかわからないし
終わる目処が立たないのに

どうして回っているのかわからないし

 

ダメになるときは

一気に全てが破綻した。

取り戻しようがないくらい。

 

という感覚。

 

本当のところ、破綻したのは

実務の面というより精神だったと思う。

 

今は、山を越えたからこそだけれど

 もういっそ、清々しい笑

 少しね笑

 

だってもう本当

なーんにも残ってないもん。

私の内面。

 

もー本当、全部使った。

燃えカスだって残ってないよ。

 

それくらいやらないと

やめられないということでもあるし

仕事だけじゃないなあ。

 

やり方うまくないところもある。

愚直で手段のパターン持ってないからね。

 

でも諦めたという感覚はない。

 

全身全霊賭けたけど

私には無理だったことが

確証された感じ。

 

日和って手を引いたわけではない。

 

そしてそれは

そのやり方が確実に違っていたという話。

環境にも適していない。

 

そーゆーことを

受け入れざるを得ないし

もう言い訳もできないほどやった。

 

そんで燃え尽きてたら

別の風が吹いてきた感じがある。

 

私が私のやり方にこだわっていたから

その風を止めていたのかもしれないし

こだわったことが

その風を起こしたのかもしれない。

 

様子を見るもーど(・ ・  )

 

そしてひたらすら

自分の心身大事にもーど(・ ・  )