DAYS.

既婚と未婚の30代女性でルームシェアをしている生活と、私の日記。

「心配」してくれた人

 

乗り越えるとき

1番しんどいとき

 

ごまかしたり

なんとか明るくするような

私の表面に一切騙されず

「心配」してくれた人がいました。

 

私が今大切な時なんだと

大変しんどい時なんだと

わかってくれていたみたいで

 

私よりもわかって

くれていたみたいで

 

おおよそ大丈夫な時も

「心配」してくれました。

 

はっとするほど。

 

真剣に、深刻に。

 

私自身が傷ついた私を

軽率に扱うところを

その人が「心配」してくれていました。

 

今思えばその「心配」は
向き合うことを
見せてくれていたような

気がします。

 

見失わずに済んだから

これまでのような

力尽くの無理やりなやり方を

変えられた気がします。

 

もちろんその他の

たくさんの要素を以て

最終的に変わったんだけど

 

今一歩行く道は

なんだかこの人が

示してくれていた

気がします。